新社会人が入る保険をプロに聞いた!①【医療保険】編 どう考える?

スポンサーリンク

今まで保険を意識することはなかったけど、卒業して新社会人になるから、医療保険・生命保険・がん保険・積立タイプの保険など・・・を考えようかな?

一般的に、どんな保険に入っておいたほうがいい?

という人に向けて。

今回も3者対談でお伝えしていきます。
管理人FP
管理人FP
来月から新社会人になるんです。
今まで保険なんて、深く考えたことがなかったけど、
そもそも、入ったほうがいいんでしょうか?
質問者・A子さん
質問者・A子さん
相談員・田中さん
相談員・田中さん
まず、保険はどういう目的で入るのか? を考えてみよう。
そもそもA子さんは、なんで保険に入ったほうがいいと思っているの?
なんで?? って。
そりゃ、病気とかケガとかしたら困るかもしれないからかな?
病院代とか、お金とか?
質問者・A子さん
質問者・A子さん
相談員・田中さん
相談員・田中さん
そうだね。
保険はそもそも、何か経済的に困ったときに、保険金(給付金)をもらうことで、お金の面で助けてくれる目的で入るものなんだ。
さっきA子さんは、『病気とかケガとかしたら困るかも』って言ったけど、今まではどうだったの?
今までは学生だったから、カゼで通院したときも、医療費はお母さんが出してくれてたかな。
健康保険証も、親が持ってたし。
お父さんの扶養家族、ってことになるのかな?
質問者・A子さん
質問者・A子さん
相談員・田中さん
相談員・田中さん
そうだね。
今までは、親の健康保険の扶養に入ってたけど、今度からは、自分自身で健康保険証を持つことになるんだ。
A子さんの会社は、社会保険はあるの?
求人の資料には、【社会保険完備】って書いてたけど、くわしく分からないです。
質問者・A子さん
質問者・A子さん
解説するよ!
管理人FP
管理人FP

会社員なら基本的に、社会保険(=健康保険・厚生年金・労働保険)に入っている!

会社員は基本的に全員、社会保険に加入しており、入社したら会社から【健康保険被保険者証(=私たちが保険証とよんでいるもの)】がもらえます。

それ以外の【厚生年金】には、老後の老齢年金や障害・遺族年金が。【労働保険】には、雇用保険や労災保険がついています。

病院に行くときは、健康保険証を見せると思うけど、これがあるから病院代が3割負担で収まっているんだ。

だから、健康保険証を持っていない人は、病院代を全額支払わないといけない。

日本の公的医療制度は、国民皆保険といって、基本的に全国民が加入することになっているんだ。

なるほど、そういう仕組みなんだ。
学校の社会科で習ったような気がします。
質問者・A子さん
質問者・A子さん
相談員・田中さん
相談員・田中さん
それに加えて、健康保険には【高額療養費】っていう、すごい安心できる制度もあるんだ。
A子さんがもらう健康保険証にも、ちゃんと入っているよ。
【高額療養費】?
どんな制度ですか?
質問者・A子さん
質問者・A子さん
解説するよ!
管理人FP
管理人FP

健康保険には高額療養費といって、ひと月あたりの自己負担の上限額が決まっている

さっきの説明で、医療費は3割負担と言ったけど、もし大きな病気で、医療費=100万円とかになって、その3割=30万円だから、それなりに大きな負担となってしまう。

そういう時に備えて【高額療養費】には、一か月あたりの自己負担が、決められた自己負担限度額を超えたときには、申請すれば、超えた分について払戻しが受けることができる、という制度なんだ。

次の表は、負担すべき自己負担の月額の限度額(70才未満)を示している。

年収区分(概ね)自己負担限度額(月額)
住民税非課税者35,400円
370万円以下57,600円
370万~770万円80,100円+(医療費-267,000円)×0.01
770万~1160万円167,400円+(医療費-558,000円)×0.01
1,160万円以上252,600円+(医療費-842,000円)×0.01
※2020.4月時点 高額療養費の概要(70才未満の場合)
・年収約370万円以下=標準報酬28万未満
・年収約370万円~770万=標準報酬28万~53万
・年収約770万円~1160万=標準報酬53万~83万
・年収約1,160万円以上=標準報酬83万以上

表がむずかしくてよく分かりません!
質問者・A子さん
質問者・A子さん
相談員・田中さん
相談員・田中さん
A子さんの年収はどのくらいになりそう?
変動するみたいだけど、年収400万円くらい、って聞いてます。
質問者・A子さん
質問者・A子さん
相談員・田中さん
相談員・田中さん
じゃあ、細かい計算式はあるけど、だいたい月の医療費の自己負担限度額は、基本的に、8万5000円くらいが上限になるよ。
え?そうなの?

8万くらいで収まるんだ。
だったら、そもそも医療保険なんていらない、って思う人もいるんじゃないの?

質問者・A子さん
質問者・A子さん
そう。ただ、残念ながら高額療養費でカバーされない費用もあるから、要注意なんだ。
管理人FP
管理人FP

高額療養費でカバーされない費用がある

とても心強い【高額療養費】だが、次のような費用は対象外となっているんだ。

・先進医療の技術料
・病院の差額ベッド代(個室や2人部屋とかの部屋代)
・病院の食事代
・通院の交通費など

特に先進医療の費用は、数十万円~300万円になることもあり、全額自費になってしまう。
先進医療については、この下の記事も見てね⇩
管理人FP
管理人FP

先進医療特約は本当に必要か?現役FPがアドバイスします!

病院の部屋代とか先進医療とかか。。
もし自分が入院するなら、だんぜん個室がいいな。
質問者・A子さん
質問者・A子さん
相談員・田中さん
相談員・田中さん
個室とか2人部屋だと、一日あたり5000円とか、1万円以上することもあるんだ。
そう考えると医療保険は、あった方がいいワン。
なるほどね。

あと、若い時に契約している方が安いって本当ですか?
でも、保険も新しくなったりするし、お父さんは10年ごとに保険を見直ししてるみたいで、
お母さんが『また更新の案内がきた。値上がりする。』って、ため息ついてたけど。。。
何年かおきに見直ししたほうがいいのかな?

質問者・A子さん
質問者・A子さん
相談員・田中さん
相談員・田中さん
A子さんのお父さん世代だと、そういう更新型の保険に入っている人は多いよ。
最初は安くて手厚いけど、更新のたびに保険料が上がってしまうんだ。
だから、更新がない、【終身保障タイプ】を選んだほうがいい。
特に、A子さんみたいに若い人は、( )才払済【終身保障タイプ】がいいと思うよ!
管理人FP
管理人FP

若い人は、( )才払済終身保障タイプが選びやすい

下の図を見てほしい。

(2020.4月時点)メディケア生命・医療終身保険
新メディフィットA
・契約時年令:22才女性
・保険料払込期間:65才まで
・保険期間:終身
・入院日額:5,000円/日
・120日型、手術Ⅰ型、先進医療特約:あり
・入院一時給付特約:8万円

若い人だと、早く払込が終わってもその先、終身(=一生涯)で保障をもっておけるんだ。

もし同じ保険でも40才で入ったとすると、

・終身払 =2,964円/月
・65才払済=4,495円/月 なんだ。

若い時に入ると、ずっと安いんだよ。

なるほどね。
若いときのほうが有利なんですね。
質問者・A子さん
質問者・A子さん
相談員・田中さん
相談員・田中さん
たまに先進医療特約だけ【10年更新】の会社もあるけど、できれば【終身】を選んでほしいワン。
どうして?
質問者・A子さん
質問者・A子さん
相談員・田中さん
相談員・田中さん
22才からだったら、90才まで生きると8回も更新するよ。保険料がいくらになるか分からないからね。
あとは、医療保険以外に、次のような保険も早くから知っておくといいよ。
管理人FP
管理人FP

新社会人が検討する保険としては、

・医療保険

・がん保険、3大疾病保険

・生命保険(死亡保障)

・将来の積立の保険(個人年金など)

今日は盛りだくさんで、
もうお腹いっぱいです(>_<)
質問者・A子さん
質問者・A子さん
じゃあ、今日の続きは、②【がん3大疾病保険】編 でお話するね
管理人FP
管理人FP
お願いします。
質問者・A子さん
質問者・A子さん
まとめ & それ以外で気を付けてほしいことだよ。
管理人FP
管理人FP

まとめ & それ以外で気を付けてほしいこと

・新社会人の保険は、まずは、医療保険から考えるが、健康保険ですでに守られていること=特に高額療養費の制度を理解しておく。

・先進医療や差額ベッド代など、高額療養費でカバーされない費用もある。

・若い時に入ったほうが安い。

・先進医療も、できれば10年更新でなく、終身タイプを選んでおきたい。

・若いときは終身払いよりも、( )才払済タイプがおススメ。

例で設計したメディケア生命の医療保険は、かなりいいよ⇩
管理人FP
管理人FP

2020年改定!メディケア生命【メディフィットA】が最強の医療保険と思う件。FPが検証した。

いちど、無料相談などで聞いてみて下さい(^^♪

①訪問してくれるFP(ファイナンシャルプランナー)の無料相談「保険ゲ-ト↓」

保険ゲートの無料相談サービス♪

②保険ショップの検索・予約サイトの「ニアエル保険相談↓」

全国の窓口にネットでかんたん予約

「保険相談ニアエル」↓

お役に立てば嬉しいです。
読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする