メディケア生命メディフィットA2020改定!を評価口コミ。FPが検証

スポンサーリンク

ズバリ、2020年4月に改定した、メディケア生命の医療保険【メディフィットA】が、いろんな意味で最強です。

まず、

保険料がさらに安くなったこと。

そして、

特約のバリエーションが増え、

保障額も細かくカスタマイズでき、

内容も良くなっています

非の打ち所がなくなっていて、2020年4月時点では、まず、一番初めに検討していい医療保険といえます。

公式な内容は⇒公式HPをご覧下さい。

ここで、公式HPを細かく転記しても意味がないので、特徴だけを厳選してお伝えします。
他の医療保険とぜひ、比べてみて下さい。

じゃあ、【メディフィットA】は、何が良くなったの?

保険料が安くなった

もともと、【メディフィットA】は、保険料は安かったですが、商品改定でさらに安くなりました。

全年令で安いわけではないので、一応、他社(オリックス生命の新キュアとか)とも比べてみて下さい

【手術なし型】が選べる

朝日生命や、ネオファースト生命など、一部の会社では、手術の保障を外すことができましたが、以前の【メディフィットA】も含めて、医療保険には、基本的に手術の保障が標準で付いていて、基本的に外せませんでした。

これが、外せるようになりました。

外すとかなり安くなります。

筆者オススメ
【手術なし型】を選択して保険料を抑えつつ、その安くなった分で、【入院一時金の特約】を、高額療養費の部分として、8万円(人によって異なりますが)で設定し、入院日額を、差額ベッド代の部屋代をカバーするイメージで設計すればよいと思います。

入院一時金特約の2回目以降が、90日後でOK

少しマニアックな内容なので、読んでいる人は、 ??? となっていると思いますが、多くの医療保険では、入院一時金の2回目の給付は、180日以上空いていないともらえない、という要件なんですが、【メディフィットA】は、90日以上あけばもらえる、というように、要件がやさしくなりました

1入院の限度日数のクリアが、180日⇒90日に短くなった

医療保険には、【○○日型】といって、1回の入院で受け取れる限度日数が限られています。

退院して180日以上すると、日数をクリアにしてくれる会社が一般的なのですが、
今回の、【メディフィットA】は、退院して90日たてば日数をクリアにしてくれるようになりました。

これは、医療保険を検討する上で、かなり大きいポイントです。

これが90日間、と短いので3大疾病や7大、8大疾病の日数延長の特約は外すと安くできますしね。

保険会社にとっては、かなり勇気のいる改定だったと思います。

高く評価していいと思います。

特定損傷という、ケガでの骨折や脱臼などの特約も付けられるようになった

【特定損傷(=ケガで骨折したら5万円とか出る)】の特約が付けられる医療保険は、大手漢字の生保会社を除いては少ないのですが、今回の改定で【メディフィットA】にも【特定損傷】を付けられるようになりました。

付けても保険料も安いですし、80才まで、という長期間の保障期間をカバーしてくれます
(他社では65才で終わってしまう、などが多い)

残りの特約も普通に、ハイレベルで充実している

あとは、月額給付の抗がん剤の特約や、女性疾病、通院など、いろいろな特約を選べますが、すべてハイレベルで充実しています。

ひとつ要望するとすれば、特定薬剤治療給付金の特約が少し高い?

ほぼ、非の打ち所がないのですが、要望するとすれば、心疾患や脳血管疾患のときの薬の治療の特約を付けれるのですが、少し保険料が高いのかな? と思うくらいです。

まとめ

いかがでしたか?

ひたすら褒めてばかりでしたが、読みやすさ重視で、かなり説明をしぼって書いています。

いちど、以下で紹介している無料相談などで聞いてみて下さい。
セカンドオピニオン的に使うのも、アリだと思います。

①訪問してくれるFP(ファイナンシャルプランナー)の無料相談「保険ゲ-ト↓」
保険ゲートの無料相談サービス♪

②保険ショップの検索・予約サイトの「ニアエル保険相談↓」
全国の窓口にネットでかんたん予約

③来店型保険ショップ最大手:ほけんの窓口を予約するときは、こちら(⇒ほけんの窓口公式HP)。※ニアエルでは、ほけんの窓口と提携していないため。

お役に立てば嬉しいです。
読んでいただき、ありがとうございました。