2018年から医療保険が値上げ!生命保険は値下げに注目!賢く選ぶには!

スポンサーリンク

最近の生命保険の動きの中で、2018年からの医療保険の値上げの話がささやかれていて、約5%程度の値上げと言われています。

これは、日本の平均寿命が年々、伸びていることで、終身型の医療保険が値上げされるからです。
そして、それとは反対に、死亡率が下がっているということで、掛けすてタイプの生命保険(死亡保障)は、保険料の値下げが予定されています。

ちなみに先日、2018年1月には、いち早くソニー生命から、掛けすてタイプの生命保険(死亡保障)の、約15%もの値下げが(年齢や性別、商品で値下げ幅は変わりますが)発表されました。
約15%もの保険料の値下げですから、今回の改定は、かなり、大きいです。

今回の記事では、2018年からの保険の値上げ(値下げ)について、色々なアドバイスや、お役立ち記事をお伝えしていきます。

まず初めに、おさらいも兼ねて、前回【2017年4月に実施された生命保険料の値上げ】について、さらっと復習をしておきますね。(ご存知の方は、さっと読み飛ばして下さい)

前回、2017年4月に実施された生命保険料の値上げについて

2017年4月、多くの生命保険会社で貯蓄(積み立て)タイプの保険は値上がりしました

値上がりした理由(背景)として、

・昨今の低金利の影響で、保険会社の資産運用の利回りが低いこと
・保険会社を管轄している官庁(金融庁)が決めている【標準利率】という利率(分かりやすくいうと保険の予定利回りのこと)が、1.0%⇒0.25%に下げられたこと

この2点が値上がりの大きな理由でした。

2017年の保険料の値上げは、保険会社自身が積極的に値上げを決定した、というよりも、どちらかといえば金融庁の主導で値上げされたということになっています。

そしてその結果、

保険会社が設定している予定利率(分かりやすくいうと保険の予定利回りのことです)も下がったので、貯蓄系の保険商品の魅力が下がってしまいました。

特に、学資保険や個人年金、養老保険、終身保険が、その影響を大きく受けました。

具体的にいうと、これらの商品は、契約者が支払った保険料が積立金として貯蓄されていき、将来、解約や満期で受け取るときに、契約者が支払った金額以上に増えて戻ってくる商品なのですが、この返戻率が、大きくダウンしてしまいました。

ここ最近の低金利時代ですから、仕方がない部分なのかもしれませんが、銀行の預金に比べて保険商品は利回りが高かったため、昔の利率が高かった時代と比べてしまうと、少し寂しい気がしますね。

では、本題に移りますね。

2018年以降の医療保険の値上げや、生命保険の値下げ、はどんな動きなのでしょうか?

2018年以降は、医療保険の値上げが予定されています

2018年以降は、医療保険の値上げが予定されていて、保険料の値上げは、約5%程度と言われています。

その理由として、2018年4月に、【標準生命表】というものが11年ぶりに改定される予定であるからです。

標準生命表(ひょうじゅんせいめいひょう)とは?:死亡率、平均余命などを男女別、年齢別にまとめた指標(日本アクチュアリー会が生命保険被保険者の死亡統計をもとに作成している)

つまり、長寿化により平均寿命が伸びていることもあって、医療保険(特に短期払込で一生涯保障する終身保障タイプ)は、値上がりするのです。

例えば、30才で契約して、60才で保険料を払い込み終了し、その後は保障が一生が続く、という医療保険の終身保障タイプだと、、
平均寿命が伸びるということは、その分だけ保険会社が保障をしなければならない期間も伸びる、ということになりますから、それが保険料のアップにつながるわけです。

ちなみに、
この記事を書いている2018年1月時点では、まだ各社から医療保険の値上げは発表はされておりませんでしたが、非公開の情報も含めて、以下に追記のように続々と予定されてきています。

『2018.1.31追記情報
医療保険の値上げに関して、
取りあえず、以下の商品は値上げはないようです。
・オリックス生命⇒医療保険(キュア、キュアサポート等)は、値上げなし
・アフラック⇒医療保険(エバー、やさしいエバー等)も、値上げなし』

『2018.2.17追記情報 一般への公式発表はされておりませんが、2018.4月改定で
・チューリッヒ生命⇒終身ガン治療保険プレミアム、3大疾病プレミアム⇒ 主契約が約15%~25%程度値上げ(商品も若干改定)
・メディケア生命⇒医療保険、メディフィットAは、短期払いが値上げ(終身払いは若干の値下げ)、 メディフィットプラス、値上げ。
・オリックス生命⇒収入保障キープなど、10~15%値下げ、貯蓄系の商品は若干の利率ダウン など』

ただ、

・一生涯、保険料を支払っていく【終身払込】のタイプは、それほど大きな保険料のアップにはならないと思われます(逆にメディケア生命では、値下げになるようです(2018.2.17追記情報)) が、

保険料を短期払込で一生涯保障する終身タイプを検討している方は、値上げされる前に契約されておいたほうが何かと安心と思います(メディケア生命でも、この4月で値上げになるようです(2018.2.17追記情報))

続いて、2018年以降の生命保険の値下げ(掛けすてタイプの死亡保障の値下げ)について書いていきますね。

2018年以降の、掛けすてタイプの生命保険(死亡保障)の、値下げは、要注目!!

長寿化で、死亡率が下がってきているので、掛けすてタイプの生命保険(死亡保障)は値下げされていきます。2018年1月に値下げをいち早く発表したソニー生命の保険料改定の一例にて、ご紹介しますね。
ソニー生命公式ホームページより引用、加工)

契約年齢現行改定後現行比値下げ幅
男性30才6,700円5,820円86.8%-13.2%
女性30才4,580円4,420円96.5%-3.5%
ソニー生命・家族収入保険 無配当 (標準体保険料率) ※2018年2月以降の契約からの月払保険料比較。
年金月額:20 万円、保険期間:60 歳満了、保険料払込期間:60 歳まで、最低支払保証期間:2年

解説をしていきますね!

ソニー生命・家族収入保険は、一般的には【収入保障保険】と呼ばれている死亡・高度障害の掛け捨てタイプの保険です。

もともと、この商品は、特に非喫煙の健康優良の割引が使える方であれば、保険料はトップクラスで安い商品です。

それが男性では、約13%もの保険料が値下げになりました。
今後は他社も値下げの動きが続いていくのではないかと思います。

なので、この記事を読まれている読者の方で、

何年か前に契約している収入保障保険があれば、見直しすれば保険料が、節約できる可能性が高いですから、この機会で、再度、比較検討してみる価値はあるでしょう。

さいごに

ここのところ、生命保険の値上げが続いてきた中で、掛けすてタイプの保険といえども、保険料が値下げになることは、かなり珍しいです。今までずーっと、値上げが続いていましたからね。

値下げは、今回、ソニー生命がいち早く発表しましたが、他の生命保険会社も、2017年4月移行、これに続いてくると思われます。

その一方で、医療保険は値上げになっていきます。

値上げされる、と聞くと、前回の2017年4月の値上げのタイミングでもそうでしたが、早く入らないと、といった風に、駆け込みで契約しようとする方が多くなります。

ただ、保険は、
値上げするから、とか、周りが入ったから、とかという外部の話よりも、必要性を感じるなら加入されたら良いと思います。

あせってしまって、じっくりと吟味や検討することなく、加入してしまっても、他にもっといい選択肢があったのに、と後悔するかもしれないですからね。

必要なものは入る。
必要でないものは入らない、という決断が必要です。

ですが、今回の掛けすてタイプの保険料の値下げは、保険契約者にとって、大いに歓迎なので、今現在、加入されている保険があれば、見直してみたら、家計の節約に役立ちかもしれませんよ。

ぜひ一度、以下の無料相談でも活用されては、と思います。

特に、収入保障や定期保険では、月々の保険料の節約は数百円程度で大したことなかったとしても、解約すると解約返戻金といって、それなりのお金が返金される場合もありますから、10年くらい前に入っている掛け捨て系の保険があるのならば、一度この機会に乗り換えを検討してみる価値が大いにありますよ!

けれども保険は難しく、できるなら私が皆さんに直接コンサルすればよいのですが、そうもいきませんし、記事では伝えきれない所もあるので、対面での各社比較サービスをおススメしています。

以下で紹介している、①保険ゲート(来てくれるFP)②来店型保険ショップ(ライフル)、とも無料ですから、セカンドオピニオン的に使ってしっかりと比較するのもOKでしょう!

無料なのに、コンサルのレベルはかなり高いようです(^^♪

①訪問してくれるFP(ファイナンシャルプランナー)の無料相談「保険ゲ-ト↓」
保険ゲートの無料相談サービス♪

②保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL(ライフル)保険相談↓」
全国の窓口にネットでかんたん予約

皆さまのお役に立てば嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
下におすすめ記事を載せていますので、ぜひ一緒にご覧くださいね!

⇒「告知義務違反って契約解除されるの?保険料などを現役FPが解説!
⇒「生命保険料が値上げ!次は医療保険も?契約するならいつが得?
⇒「通販型自動車保険のデメリットだらけ!14個をFPが解説!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする