自動車保険の保険料は、控除できる?FPから解説します

スポンサーリンク

サラリーマンの方なら年末調整のときに、保険会社から届いた控除証明書を会社に提出して、所得控除を申請していますよね。

このときに、生命保険は記入する欄はあるのに、

・自動車保険は書けないの?
・自動車保険は控除できないの?

と、疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか??

いきなり結論ですが、自動車保険の保険料は、基本的に控除できません。

自動車保険の保険料は、基本的に、保険料控除の対象外です

自動車保険の保険料は、基本的に、保険料の控除を申告して、節税をすることはできません。

※ただし、会社経営や個人事業主の方で、その車を事業用として使っているときには、支払った保険料を会社の経費として計上できるので、法人所得や事業所得から差し引けます。ちなみに、個人事業主が、仕事とプライベートの両方で使っている場合は、その使用割合に応じて経費で落とせます。

会社経営や個人事業をされている方のみ可能なので、一般の個人はあまり関係がないですね。

ちなみに、2017年11月現在で、保険に関する所得税法上の控除として認められているのは、

  1. 社会保険料控除(国民年金、厚生年金、雇用保険料など)
  2. 生命保険料控除(死亡保険や医療保険、個人年金の保険料など)
  3. 地震保険料控除(地震保険のみです。※火災保険は対象外)

の以上、3つのみになります。

では、なぜ、自動車保険は保険料の控除ができないのでしょうか?

なぜ、自動車保険は保険料の控除ができないの?

法律で決まっているから
というとそれまでなのですが、、

日本の税法では、自動車は生活必需品ではなくて、ぜいたく品や、し好品である、という考え方が根底にあるからだそうです。

ただ、都会で生活しているなら、自動車はなくても大丈夫かもしれませんが、地方に行くと公共交通機関も発達していない(電車やバスの路線や本数も少ないですからね)ので、車がなければ実際に、生活していくのが難しい場所が多いのも現実です。

そして、保険料が負担で、自動車保険に加入せずに街中を走っている車も、意外に多いですからね。。。
保険に入っていない車に衝突されたら、って思うと不安になります。

自動車保険も控除ができて、節税のメリットが受けられて、保険の加入率が上がれば日本の車社会の安全にも、つながるのにな、とも思います。

昔は、ぜいたく品だったかもしれないですが、税法も時代に合わせた変化を期待したいところです。

お役立てば嬉しいです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらの記事⇒「通販型自動車保険のデメリットだらけ!14個をFPが解説!」も一緒にいかがですか?ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする