先進医療に高額療養費は適用できる?現役FPが解説します!

スポンサーリンク

先進医療に高額療養費は適用されるのでしょうか?
結論をお伝えすると、残念ながら先進医療に高額療養費は適用されません

ですので、先進医療の医療費(正式には技術料という)が300万円だったのなら、この300万円は全額自己負担になります。

ではなぜ、先進医療に高額療養費は適用されないのでしょうか?

先進医療に高額療養費が適用されない理由

先進医療は、国(厚生労働省)が認めた治療ではありますが、公的医療保険(健康保険)が使えない治療です

そもそも健康保険の対象外ですから、健康保険の制度である高額療養費が適用されず、全額自己負担となってしまうのです

ちなみに日本では、新しい医療技術が公的医療保険になるまでは、安全性や効果の確認にかなりの時間がかかります。

先進医療も、将来的に公的医療保険の適用になる(外れる)可能性もありますが、それまで何年もかかるので、先進医療に関しては、利用する個々人が、何がしかの経済的な備えをしておく必要がある医療なのです。

では、どうやって経済的な備えをすればよいのでしょうか?

先進医療の高額な医療費は保険会社の先進医療特約でカバーできる

先進医療は全額自己負担になる、と先ほどお伝えしました(ちなみに主な先進医療の一覧は下の表の通りです)。

主な先進医療まとめ(年間実施件数順)

先進医療の名称(技術名)特徴平均費用(自己負担)年間実施件数平均入院日数
多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術白内障(眼の水晶体が濁る病気)の治療法。15分程度の手術で痛みもない55万円11,478件1日
陽子線治療切らずにガンを死滅させるので身体への負担が少ない276万円2,016件9日
重粒子線治療切らずにガンを死滅させるので身体への負担が少ない309万円1,787件10日
高周波切除器を用いた子宮腺筋症核出術腺筋症部分だけを細かく切除する子宮腺筋症の手術30万円145件11日
腹腔鏡下広汎子宮全摘術早期の子宮頸ガンの手術。出血量も少なくてすむ74万円136件13日
内視鏡下甲状腺悪性腫瘍手術内視鏡による甲状腺ガンの手術。手術の跡が目立たない26万円106件7日
(『厚生労働省「第49回先進医療会議資料 平成28年度実績報告」』より編集、加工)

ただ、先進医療も、保険会社の先進医療特約に契約していれば、この係った技術料(治療費)が全額、保険会社から給付されます。

先進医療特約は、医療保険やガン保険に特約(オプション)として付けられて、月々の保険料は、各社とも100円程度と安いので、少しの負担で、効果の高い最先端の治療を受けられる可能性が高まりますから、ぜひ付けておいて欲しい特約です。

先進医療特約については、こちらの記事⇒“先進医療特約とは?各社の違いから注意点まで現役FPが解説します!”で詳しくまとめているので、ぜひご覧下さい。

自分自身や大切な家族が、命にかかわるような病気や、難しい病気になったとしたら、最先端の医療を受けたいと思う人は多いはずです。最先端の医療は、身体への負担が少なく治療できるようになっていますから、そのような日本の先進医療制度を、大きな経済負担なく、受けられるように備えておいて欲しいと思います。

ご参考になれば嬉しいです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする