先進医療特約とは?各社の違いから注意点まで現役FPが解説します!

スポンサーリンク

先進医療特約とは何なのでしょうか?

とりあえず付けておこうかな、と思っているけれど詳しい内容まではイマイチ分からないなぁ、という方も多いのでは、と思います。

先進医療特約とは、医療保険やガン保険に特約(オプション)として付けられるもので、月々の保険料は、各社とも100円程度と安いのですが、

同じ先進医療特約でも、保険会社によって保障内容や受け取り方に、大きな違いがあるのです!

そこで今回の記事では、

  • 先進医療って何? という基本的なところから、
  • 各社の先進医療特約の違い、
  • 比較したうえでのおススメの商品
  • 選ぶときのポイントや注意点など

を、専門家の視点からお伝えしていきます!

それでは早速、先進医療とは何なの?からです。

先進医療とはいったい何なの?

先進医療は、これまで難しかった病気に対して、

高い治療効果や身体への負担軽減が期待される最先端の医療のひとつです。

その昔は、高度先進医療(こうどせんしんいりょう)とよばれていて、2006年から先進医療という名称に変更されました。
2017年5月時点で103種類の先進医療が国から認定されていて、全国各地で実施されています。
ちなみに、主な先進医療の一覧と年間の実施件数などをまとめてみました。

主な先進医療まとめ(年間実施件数順)

先進医療の名称(技術名)特徴平均費用(自己負担)年間実施件数平均入院日数
多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術白内障(眼の水晶体が濁る病気)の治療法。15分程度の手術で痛みもない55万円11,478件1日
陽子線治療切らずにガンを死滅させるので身体への負担が少ない276万円2,016件9日
重粒子線治療切らずにガンを死滅させるので身体への負担が少ない309万円1,787件10日
高周波切除器を用いた子宮腺筋症核出術腺筋症部分だけを細かく切除する子宮腺筋症の手術30万円145件11日
腹腔鏡下広汎子宮全摘術早期の子宮頸ガンの手術。出血量も少なくてすむ74万円136件13日
内視鏡下甲状腺悪性腫瘍手術内視鏡による甲状腺ガンの手術。手術の跡が目立たない26万円106件7日
(『厚生労働省「第49回先進医療会議資料 平成28年度実績報告」』より編集、加工)

最先端の治療、と聞くと、いかにも効果がありそうですが、

この先進医療にはひとつ大きな注意点があります。

それは、先進医療は、国(厚生労働省)から認定された医療技術でありながら、

公的医療保険(健康保険)が使えない治療のため、技術料(要は治療費)が全額自己負担となってしまう、というものです。

ひとつの例として、上の表のように、ガン治療の先進医療では自己負担額が300万円以上する治療もあります。
300万円が全額自己負担、といわれても、そんな大金どこから用意しようか、と困ってしまいますね。

しかし、保険会社の、

先進医療特約に入っていれば、この係った技術料(治療費※ガンの重粒子線治療ならば約300万円)が全額、保険会社から給付される

というものです。

では、先進医療特約は具体的にどんなものなのでしょうか?

先進医療特約の内容と、各社の先進医療特約の比較

特約の保険料は月々100円前後とかなり安い

まず、先進医療特約の保険料は、月々100円前後、とかなり安いです。

なぜ先進医療特約の保険料はそんなに安いの?⇒安い理由は、利用する人が少ないからです。新しい医療技術なので認知度が低く、受けられる病院も限られています。ガンの重粒子線治療でも全国数カ所でしか受けられないので、遠方からは行きにくいことも利用者が少ない理由です

ただ、利用する人が少ないからといっても、

いざ自分が使う、となったら金銭的な負担は大きいのでぜひ付けておきたいところです(月々100円前後で安いですしね)。

ちなみに、先進医療の対象となる医療技術は、随時見直しが行われています。

契約した時は先進医療に該当する技術であっても、その後の改定によって、
治療を受けた時点でそれが先進医療に該当しない場合は給付対象外、となりますし、

逆に、

契約した時は先進医療に該当していなくても、
治療を受けた時点で先進医療に該当していれば、給付対象にしてくれます。

要は、最新の先進医療のものが使えます、ということなので安心ですね!

続いて、各社からはどんな種類の先進医療特約が出ているのでしょうか?
医療保険で人気の高い商品6つをピックアップして、詳しくみていきます。

先進医療特約の保障内容は各社によって、さまざまな違いがあります

医療保険で人気の高い商品6社の先進医療特約の特徴をまとめてみました。

主要各社の先進医療特約の保障内容

保険会社商品名給付内容保険期間月額保険料
三井住友あいおい新医療保険Aプラス技術料+交通費、宿泊費終身98円
朝日生命スマイルメディカルNext α技術料+技術料の10%終身86円
メディケアメディフィットA技術料+5万円終身110円
オリックス新キュア技術料のみ終身112円
メットライフフレキシィS技術料+5万円10年更新107円
アフラックちゃんと応える医療保険EVER技術料のみ10年更新99円
(35歳男性、保険期間:終身、保険料払込期間:終身で試算)

給付金の支払限度額は、各社とも2000万円が上限になっています。

限度額2000万円で足りるの?⇒現状(2017年9月時点)で先進医療の最高額が、ガンの重粒子線治療=300万円なので、2000万円以上使うことはまず、ないでしょう!

また、上の表を見ていただくと、

保険期間は、終身タイプが多いなかで、アフラックとメットライフは10年更新タイプでした。

更新タイプの契約だと将来の保険料が上がる可能性があります。

先進医療特約の保険料は各社とも、この数年は100円程度を維持していますが将来は分かりません(上がる可能性もあります)。

選ぶなら保険料がずっと変わらない終身タイプを選びたいところです。

先進医療特約で選ぶなら三井住友あいおい生命の新医療保険Aプラスがおススメ

ちなみに、三井住友あいおい生命の新医療保険Aプラスの先進医療特約は、

先進医療にかかる技術料に加えて交通費と宿泊費(1泊1万円が限度)を実費で受け取れる

という内容になっています。

これは、すごく魅力的な内容です。なぜかというと、

さきほどお伝えしたように、先進医療は実施できる病院が限定されています。

住所が遠方だとその病院に行くまでの交通費や宿泊費だけでも大きな負担になりますが、交通費等が全額給付されるのであれば、安心して遠方の病院でも受けることができますからね!

以前、三井住友あいおい生命に聞いたのですが、この交通費等で数十万円お支払いした事例もあるそうです

よって、先進医療特約を重視して保険を選ぶならば、三井住友あいおい生命の新医療保険Aプラスが一番おススメです。

続けて、先進医療特約を選ぶときのポイントと注意点をお伝えしたいと思います。

先進医療特約を付ける時のポイントと注意点

①先進医療特約は、ガン保険でなく、医療保険に付けましょう!

医療保険に付ければ、ガンも含めて全ての先進医療が適用範囲となります。

しかし、ガン保険に先進医療特約を付けると、適用範囲がガンの先進医療のみとなってしまうのです。
先進医療はガンだけじゃないですからね!

すべての先進医療で使えるように、医療保険に付けておきましょう。

②先進医療の費用を個人で立て替えしなくても、病院に直接支払ってくれる保険会社を選びたい

先進医療は全額自己負担なので、保険会社から給付金を受け取るまでは、一時的とはいえ高額な自己負担になることがあるのですが、保険会社から直接病院に支払ってくれる直接支払い制度を実施している保険会社もあります。

病院が発行する請求書類などを提出すれば、保険会社から病院に支払ってくれるのです。

ちなみに今回紹介した、6社(三井住友あいおい、朝日生命、メディケア、オリックス、メットライフ、アフラック)はすべて、直接支払いを実施している会社ですが、直接支払い制度を実施している会社はまだ少ない(今後増えると思います)ので、契約の前には確認して下さいね!

※直接支払いを受け付けていない医療機関や対象外の先進医療もあるので、治療を受ける前には保険会社にご確認ください。

③先進医療特約を付けるかどうか悩むならば、最初に付けておくべき!

悩むならば始めに付けておいたほうがよいです。

後から外すのは可能な場合が多いのですが、後から先進医療を付けたい、と思っても中途付帯できない商品が多いので、悩むなら最初に付けておきましょう!

④「一つの会社で先進医療特約を重複して加入することはできない」ので、無駄なく入りましょう

先進医療特約は、実際にかかった費用(実費)が給付される実費補償型(300万円の医療費ならば300万円ピッタリ受け取れる)の保険です。

入院保険のように、一日いくら、とかでもらえる保険ではないので、ひとつの会社で重複して先進医療特約を付けることは出来なくなっているので、無駄なく入りましょう。

まとめ

いかがでしたか?
まとめると、先進医療特約は、

  • 先進医療の利用者がまだ少ないため、保険料は月々100円前後、と安い
  • 保険料がずっと変わらない終身タイプを選びたい
  • ガン保険にではなく、医療保険に付けておきたい
  • 病院への直接支払い制度がある保険会社を選びたい

となります。

先進医療特約はコストパフォーマンスの高い特約ですが、各社の違いも色々とありますので、選ばれる際のご参考になれば、嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする