告知義務違反って契約解除されるの?保険料などを現役FPが解説!

スポンサーリンク

保険コンサルをしていると告知義務は避けて通れません。違反があると保険金が出なかったり、契約解除されることもあります。故意にごまかすのはもちろんNGですが、ついうっかりや勘違いなどで、間違った告知をしてしまうこともあるかもしれませんよね。

もし、そうだとしたら、保険の契約がどうなってしまうのか、とても不安だと思います。

では、解除される(されない)のはどんな時なのか?実際に解除されたら?保険を大切に守っていくためにはどうしたらよいのでしょうか?

専門家がズバリお答えします。

では早速、告知義務からです。

告知義務とは?

保険契約をする際に契約者(被保険者)は、

  • 現在の健康状態
  • 過去の傷病歴
  • 職業

などの事実をありのままに告げる義務があり、これを告知義務といいます。

告知は、契約者間で保険料負担を公平にするためにとても重要なものです。

健康状態の良くない人や危険な職種の人が無条件で契約できると、保険料負担の公平性が保たれなくなるからです

告知する内容はどういうものなの?

告知するときは、保険会社の告知書に記入(以下のような質問項目に回答)していきます。

  • 最近3か月以内に医師の診察をうけたことがありますか?
  • 過去5年以内に7日以上の入院をしたことがありますか?
  • 過去5年以内に手術をうけたことがありますか?
  • 過去5年以内に通算して7日以上にわたって医師の診察をうけたことがありますか?
  • 過去2年以内に、健康診断・人間ドックをうけて要治療、要精密検査、要再検査の指摘をされたことがありますか?
  • 身体の障害がありますか?(視力・聴力・言語・そしゃく・手・足・指・背骨(脊柱)の欠損や障害)
  • 今までに、がんまたは上皮内新生物にかかったことがありますか?
  • 現在妊娠していますか? など

質問項目に【はい】があれば、その詳細(治療の経緯など)を書いていきます。

告知の質問項目は、保険会社や商品によって異なります。たとえば、健康診断での指摘に関して要経過観察の指摘は告知が必要な会社もあれば、不要の会社もあります

ちなみに告知は保険会社が必要とした項目以上に告知してもプラスになりません。告知不要な項目で良くない結果を告知すると、保険会社はその部分をマイナス評価するのです。

書面の質問項目のみに記入すればOKです。

ただ、商品によっては他の良い数字が記載された健康診断結果票を提出すれば、総合的にプラスに査定することもありますので、健康に自信のある人は問い合わせてみて下さいね。

それでは告知が分かったところで、告知義務違反をしたら、いったいどうなるのでしょうか???

告知義務違反するとどうなる?

傷病歴などを偽って保険に加入するなどの告知義務違反があった場合は、契約が解除されて保険金がもらえなくなります。例えば、高血圧で通院しているのに、それを告知せず、契約1年後に高血圧を原因とする脳出血で死亡してしまった場合などは給付金が出ません。

せっかく契約した保険なのに契約は解除され、今まで支払った保険料が返金されるか、解約返戻金が支払われて終了となります(状況次第では返金されない場合もあります)。契約は解除になるので、それ以後は保険が無い、ということになります。

ただし、次のような場合は告知義務違反があったとしても、保険会社は契約を解除できないという規定もあります。

  • 契約の時に保険会社がその事実を知っていたかまたは過失によって知らなかったとき
  • 募集人が告知を妨害したり告知義務違反を勧めたりしたとき
  • 保険会社が解除の原因があることを知ってから1ヶ月間解除をしなかったとき
  • 告知されなかった事実と支払事由の発生との間に因果関係がないとき
  • 契約から5年(約款で2年としている場合もあり)を経過したとき

このような時は、保険会社からの解除はできないとされています。しかし、法律の条文そのままで少し分かりにくいので、要約しますと、

  • 保険会社が最初から告知義務違反を知っていたとき
  • 営業マンから『告知をしなくてもいいから!(告知すると診査が通らない)』と言われていたとき
  • 違反がバレたけれど1か月間解除されなかったとき
  • がんを隠して契約したけれど死亡原因が交通事故だったとき
  • 契約から5年(もしくは2年)経ったとき

といったケースのときは、保険会社からの解除はできない、ということです。

ちなみに、告知義務に関しては、2010年に『保険法』が施行されて見直しが行われています。

保険法とは?
保険契約に関する一般的なルールを定めた法律。平成22(2010)年4月施行。
保険契約のルールは、従来は商法(明治32(1899)年)で定められていたが、100年以上、実質的な改正がされていなかったため、現在の保険制度に合わせて商法から独立した法律にしたのが保険法。このタイミングで告知に関する規定も見直しされた

その保険法の中(第55条4項)で、先ほどの、『契約から5年を経過したら保険会社からの解除はできない』という規定があるのですが。。、

ただこの規定は、

告知義務違反があったという理由だけで保険会社がいつまでも契約解除できる権利を留保している、とすると、契約者の地位がいつまでも不安定なままであり、5年も告知義務違反が問題とならないまま契約が有効に継続したのでならば、その不告知は事故発生とは無関係だったのだろう、

ということなので、

5年経てば違反していても大丈夫、ということではないです。

悪質な場合(重病を隠していた)、詐欺とみなされる場合、わざと事故を起こした場合などは、5年を過ぎていても重大事由による解除に該当してしまうので。(その時々の個別判断になるようです)

契約解除されないためにはどうしたらいいの?

契約解除されないためにはどうしたらいい?というと、当たり前すぎる回答になるのですが、ありのままに正しく告知をするということになります。

病歴を告知したうえで問題なく契約できる場合もありますし、告知内容によっては

  • 払い込む保険料が通常よりも高い「保険料の割増」 や
  • 一定期間の受取額が通常よりも少なくなる「保険金の削減」 や
  • 一定期間の指定された部位の疾病に関しては給付金が出ない「部位不担保」

などの特別条件付で契約できることも多いです。

病歴の告知が不要な商品(無選択型商品)や、病歴があっても加入しやすい商品(緩和型商品)もあります

経験ある担当者なら、病名や状況で診査が通るかはある程度分かりますし、契約者名は出さずに事前に診査に通るかを照会できるルートも持っているものです。

身体のことなので言いにくい内容もあるかもしれませんが、気軽に相談してみてはどうでしょうか?

でももし、契約した後で告知内容を思いだした!という時は。。

後で思いだした!ときは、追加告知ができます

告知を忘れていて後で思いだした時には、【追加告知】ができますので、そのうえで再診査となります。

ちなみに、告知義務違反で解除されてしまったら、もう他の保険会社で契約することはできないのでしょうか??

告知義務違反で解除されたら、もう他の会社では入れないのか?

ここはデリケートな部分になります。
生命保険会社は、契約内容登録(照会)制度というものを設けていて、必要な場合は相互に照会をすることになっています。

契約内容登録(照会)制度とは?
生命保険協会を通じて、契約者の契約情報を契約の引き受けや支払い判断の参考として保険会社間で共同利用している制度

解除履歴があれば、保険会社によってはそのまま診査が通ることもありますが、断られることもあるでしょう。

個別ケースなのではっきりとしたことは申し上げられないのですが、影響する可能性があるのは確かです。

まとめ

いかがでしたか?
大きくまとめると、

  • 告知義務に違反すると、保険金が出なかったり解除されたりするので告知は正しく
  • 5年経過すれば解除されない規定(保険法)はあるが、重大な場合は解除されることもある
  • 保険会社は契約情報を共同利用しているので、解除されたら他社でも契約できないことがある

となります。

いざ解除になって不服の申出をしても、保険会社と訴訟になる可能性もあるので、そんな心労を考えると正面から告知しておくのが一番安全であると思います。

ご参考になれば嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする