生命保険の配当金とは?ちゃんともらえる?現役FPが解説

スポンサーリンク

生命保険の商品には、

・配当金(はいとうきん)がもらえる、有配当型(ゆうはいとうがた)の商品 と、
・配当金(はいとうきん)がもらえない 無配当型(むはいとうがた)の商品

の2種類があります。

2つの違いは、詳しく説明されることが少ないので、ご存知ない方も多いのではないでしょうか?

最近は、無配当の商品が増えたので、有配当の商品の説明を聞くことが減りましたが、

実は、この超低金利の時代においては、有配当型が意外と、有利なのです。

今回の記事では、なぜ、有配当型が有利なのかを、配当金の基本的なところから、お伝えしていきます。

それではまず、生命保険の配当金とは何?からお伝えします。

生命保険の配当金とは何?

生命保険の配当金というのは、

「保険料のおつり」のことです。

保険料のおつり? どういうこと?と思いますよね。

これを分かっていただくために、まずそもそも、生命保険の保険料というのは、

・契約する人全体の払込保険料総額+運用収益
と、
・受け取る人全体の保険金などの総額+事業の運営経費

が、同じ(イコール)になるように設定されていて、具体的には、性別や年齢に応じた死亡率などを使って、計算されています。

さらに詳しくお伝えしますと、保険料は、3利源(さんりげん)とよばれる3つの予定率で決められます。

①予定利率: 保険会社が資産運用をする収益の予定利回り
②予定死亡率: どのくらいの方が死亡するかの予定
③予定事業費率: 保険会社の事務経費はどれくらいかかるかの予定

この3つで計算されます。

ただ、1年後に結果を検証すると、予定と実績では差がでることがほとんどです。そして、

余りが出ればそれを、おつり(つまり配当金)として契約者にお返ししましょう。

というのが有配当保険の仕組みです。
※余りが出ないときは配当金もでません。
ちなみに配当金は約束されたものではないので、設計書に配当金付きと表示されていても、付かないこともあります。

生命保険の配当金には2つの種類があり、どちらかに分類されます

配当金には、

①3利源配当型(さんりげんはいとうがた):先ほどの3の予定率(予定利率、予定死亡率、予定事業比率)をもとにした予測と、実際の予定率との差で余りがあった時に、配当金を受け取れる、というタイプ。

と、

②利差配当型(りさはいとうがた):予定利率だけを検証して余りが出た時に、配当金を受け取れる、というタイプ

の2種類があり、どちらかに分類されます。最近では、学資保険や個人年金保険で、5年ごと利差配当というタイプが多いです。

配当はちゃんともらえるの?

配当金は、必ずもらえる、という約束されたものではありませんが、今から新規契約では、今後の配当金が見込める可能性は高いと思います。

なぜかというと、最近の商品は、低い予定利率で販売されているものばかりです。

予定利率が低い、ということは、今後、世間一般の金利が上がってきた時に、差額で余りが出る可能性が高い、ということになります。

今は低金利で契約した商品としても、配当付きの商品であれば、何十年か先で配当が付くかもしれませんので、低金利の今こそ、有配当保険は、検討する価値あり、と思います。

※ただ、これからもずーっと、低金利のままだと配当金が付かないこともあると思いますので、筆者の見解は、あくまでひとつの参考意見として、ご理解下さい。

まとめ

いかがでしたか?

まとめると

・生命保険には、配当付きと配当なしの2種類がある
・配当金はもらえないときもある
・配当付きなら、保険会社の利益が出たときに、契約者に還元してくれる。
・低金利の時代に契約した保険であれば、将来の市場金利が上がればより配当金が多くもらえる可能性がある

となります。

お役に立てれば嬉しいです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする