生命保険の保険料が払えなかったら?失効、払込猶予、自動振替貸付と復活とは?

スポンサーリンク

生命保険の保険料。
多くの人は、毎月の口座引き落としで払い込みをされていると思います。
今日は、この保険料の払い込みができなかったらどうなるのか? を紹介したいと思います。
(※ご紹介するのは、一般的な例なので、保険会社によって取り扱いが異なる場合があります)

まずは、払込猶予期間からご案内します。

払込猶予期間が1か月あるので大丈夫。翌月に2か月分引き落としになります

保険料を払い込むべき月に、口座に残高が足りなかった!とかで期限を過ぎてしまっても、大丈夫です。
基本的に、あと1か月は保険会社は待ってくれます。
そして、次の月にまとめて2か月分が引き落としされることになります。

では、1か月たっても払込ができず、払込猶予期間を過ぎてしまったらどうなるのか?

解約返戻金がある場合は、そこから自動的に充当。自動振替貸付といいます

1か月の払込猶予期間でも保険料を払い込めなかった場合は、生命保険会社が解約返戻金の範囲のなかで保険料を自動的に充当していきます。そして契約は続いていきます。

これを、自動振替貸付(保険業界ではAPLとよばれています)
APL=Automatic Premium Loan (※premium=保険料のこと)

解約返戻金がなくなってしまうと、立て替えは終了し、保険は失効してしまいます

では、もともと解約返戻金がない契約や、解約返戻金を使いきってしまった時にはどうなるのか?

保険料を払い込めないと、その契約は失効してしまいます

払込猶予期間でも払込できず、さらに自動振替貸付も利用できなかった場合には、保険の契約はなくなります。これを【失効】とよばれています。

失効すると保険の効力はなくなってしまいます。

ちなみに、失効してしまっても、3年などの一定の期間内ならば、【復活】といって、契約をもとに戻せる制度があります。

ただ、復活する時には、健康状態の審査を再度受けなければならないことと、支払っていなかった保険料を利息をつけて払い込まなければ復活できないので、注意が必要になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする